股 黒ずみ グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kの股の色素沈着への効果とは?

 

股の黒ずみを改善するクリームやメラニンを落とすケアグッズを見ていると、必ずといってもいいほど出てくるのグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムって何なのでしょうか。
どんな効果があるのでしょうか。このページではグリチルリチン酸ジカリウム黒ずみに効果があるのか、副作用がないのかについてみていきたいと思います。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムって

グリチルリチン酸2Kとは!股の黒ずみや色素沈着に効果あり?

 

グリチルリチン酸ジカリウム肌の炎症を抑える作用があります。
元々は漢方成分であるカンゾウの根に含まれている成分で、喉や口の炎症を抑える薬として使われてきました。

 

このカンゾウから取れるこのエキスをカリウムと結合させて、水に溶けやすくしたものがグリチルリチン酸ジカリウムです。
水に溶けやすくなったグリチルリチン酸ジカリウムは化粧水なのに簡単に配合することができてニキビの治療や美白化粧品、抗アレルギー剤や医薬品などにも使われています。

 

 

美白効果があるって本当?

グリチルリチン酸ジカリウムは美白成分ではないので直接肌を白くしてくれることはありません。
しかし黒ずみが出来る仕組みを考えるとグリチルリチン酸ジカリウムの効果はかなり重要なものです。

 

というのは黒ずみの原因は肌の刺激などの肌トラブルだから
この肌トラブルを抑えてくれるのがこの成分です。
ですので間接的には黒ずみにとても効果がある成分です。

 

副作用はないの

グリチルリチン酸ジカリウムに副作用はないのでしょうか。
もともと植物の根から取られた成分であり強力な効果はありません。

 

ただし少し気になる副作用があってそれは、グリチルリチン酸ジカリウムがステロイドと似た構造を持つということです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムのおもな副作用は偽アルドステロン症です。
アルドステロンは副腎から出る分泌ホルモンで血圧を上げたい体内に水を溜め込みむくませてしまう作用を持ちます。

 

このホルモンが大量に分泌されてしまうのがアルドステロン症
薬でこの作用が起こるのが偽アルドステロン症という症状です。

 

グリチルリチン酸ジカリウムで起こるアルドステロン症は、1日の使用量はるかにオーバーしてしまった場合に起こるといわれています。

 

ですので用量を守ってできずに股に塗るぐらいであれば全く問題はありません。

 

そもそも起こる副作用は病気などで内服剤として使った場合、外用剤としてつけるくらいでは起こるリスクはゼロに近いものですので安心して使ってください。

 

配合されている化粧品・美白ケア商品

グリチルリチン酸ジカリウムは含まれている化粧品や美白ケア商品は非常に多くてピックアップできないほどたくさんあります。

 

これが配合されているのは敏感肌用の化粧品やニキビケアの製品
薬用ホワイトニングや化粧品・美容液シャンプー・石鹸・化粧水美容液
これらの製品であればほとんどに含まれているといって過言でないでしょう

 

 

股に塗る美白商品で配合されているものは

股の黒ずみを除去するクリームにもたくさん含まれています。
少しご紹介します。

 

股の黒ずみ落としを選ぶ時はできるだけグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているものを選びましょう。

 

入っていなければ全くダメというわけではありませんが、美白をするのに重要な成分で入っているに越したことはありません。