股 黒ずみ ビタミンC

股の黒ずみをビタミンCで治せる?

股の黒ずみを消す商品を調べてる時、ビタミンCという言葉をよく目にしませんか。
実は手軽に取り入れられる美白成分としてビタミンCがあります。

 

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれていて美白に効果があります。
そのビタミンCに迫っていきましょう。

 

股の黒ずみを改善するビタミンC!本当に効果あるの?

 

ビタミンCってどんな成分

ビタミンCは別名アスコルビル酸と思い水溶性のビタミンで抗酸化作用があります。

 

ビタミンCは股の黒ずみだけでなく抗酸化成分としても注目されていて美白に関心がある方はよく目にする自分ですよね。

 

そのままでは効果がない
そんな美白に良いビタミンCですが、実はビタミンCは空気に触れるとすぐに壊れてしまいそのまま塗っただけでは効果がありません。

 

そこで美白に使えるように改良されたのがビタミンC誘導体という成分です。
美白化粧品には滞在がビタミンC誘導体として配合されています。

 

 

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体は化粧品として皮膚に取り込みやすくしたビタミンC吸収性がアップしていて吸収するようになっています。
ビタミンC誘導体はビタミンCと同じ効果があるのでしょうか。
実はあります。
体の中にビタミンC誘導体が入ると体の中にある酵素で自動的にビタミンC誘導体からビタミンCに変換されます。

 

 

ビタミンCはどうやって美白に効くの

ビタミンCはどうやって美白に効果を発揮するんでしょうかビタミンCにはメラニン色素の還元作用があります。

 

還元作用とはできてしまった黒ずみを薄くする効果です。そしてもう一つメラニンの生成を抑える作用があります。
つまりビタミンCは、できてしまったメラニンへのも効果があるということですね。

 

それ以外にもビタミンCには肌くすみなく透明にしてくれる、肌の新陳代謝を良くしてくれる、という効果もあり美白のビタミンともいわれる
そんなに理由があるためです。

 

 

ビタミンCの美白への使い方

ビタミンC誘導体はそのまま肌につけることで美白効果を発揮します。
どんなビタミンC誘導体を選んだらよいかというと、濃度が高いもので落ちないようにラップでパックをしたりするとさらに効果が高まります。

 

 

医薬部外品のビタミンC誘導体

医薬部外品は市販で購入できる美白成分です。
市販の化粧水にはビタミンC誘導体の2%程度パーセント程度に抑えられています。

 

市販品にビタミンC誘導体を3%以上配合させるのは不可能でそれ以上のものは医薬品として病院でしか使うことができません。

 

病院で使われるビタミンC誘導体は8%から10%です。
しかし高濃度であれば高濃度であるほど良いというわけではなく刺激が副作用になってしまうこともあるので5%以上で使われる場合が多いようです。

 

 

ビタミンC誘導体の種類
ビタミンC誘導体は即効性があるものからゆっくり効くものまで様々でメーカーなどによっても色々な呼び方がされます。
以下にビタミンC誘導体の有名なものを紹介します。

 

 

リン酸アスコルビルマグネシウム

ビタミンC誘導体の中では最も効果が強いといわれている鉄板のビタミンCです。
股に塗るとすぐに吸収されて体内でビタミンCとして使われます。

 

 

リン酸アスコルビルナトリウム

リン酸アスコルビルマグネシウムより刺激が強い成分で皮膚科で使われることが多いものです。

 

 

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

新しいビタミンC誘導体で皮膚の吸収がとても良いものです。
肌につけるとビタミンCになって効果を発揮します。
美白クリーム混ぜるなのに使われているのはこれが多く、作用時間も長く優秀なビタミンCです。

 

 

ビタミンCに副作用はないの

気になるのはビタミンC誘導体の副作用です。
副作用は報告されています。まず一番多くの副作用はピリピリしたり刺激があるなど肌の刺激です。
皮膚科で処方されるような濃いビタミンCで起こることが多くつけすぎで肌が乾燥してしまうこともあります。

 

 

ビタミンCはハイドロキノンと違って美白効果の副作用はないのですが肌が荒れてしまうような副作用は比較的あります。
ですので使うの量や使用方法などはしっかり守るようにしましょう。

 

 

ビタミンC誘導体が配合されている美白化粧品

ビタミンC誘導体が含まれている股の美白商品はネットでも購入することができます。
例えば有名なものではホワイトラグジュアリー、ピューレパールなどです。

 

 

ビタミンCで股の色を改善したいと思っている方は、ビタミンCの効果と副作用をしっかりチェックしビタミンCが配合されている製品を適切に使い分けましょう